沖縄でフォトウェディング撮影を行うメリットについて解説!

公開日:2022/04/15


どこまでも広がる青い空と透きとおる海が魅力的な沖縄は、観光だけでなく、フォトウェディングの撮影地としても人気です。真っ青な海と真っ白なウェディングドレス姿に憧れる花嫁も多いのではないでしょうか。沖縄でフォトウェディング撮影するメリットやおすすめの撮影時期などについて紹介します。

沖縄でフォトウェディング撮影を行うメリット

写真映えするロケーションが多い

異国情緒あふれる風景が広がり、フォトウェディングに最適なロケーションが県内に点在しています。さらに、オーシャンブルーの海を一望できるチャペルが県内各地に揃っているようです。写真のテーマにあわせて、日中のオーシャンブルーや夕方のサンセットをドラマティックな雰囲気の中で記念に残すことができます。

世界遺産との撮影ができる

沖縄には琉球王国時代を象徴する世界遺産群があります。今帰仁城跡や識名園など琉球王国の歴史と先人達の英知を感じながら、特別な撮影時間を過ごせるようです。琉装とあわせて撮影するプランもあり、大河ドラマの主人公のように撮影したいカップルにおすすめです。

季節変化が少なく、1年中撮影が可能

沖縄は本州に比べて1年中温暖な気候で、季節にかかわらず屋外撮影ができます。撮影時期を工夫することで、撮影中の寒さや暑さへのストレスは最小限におさえられます。

ハネムーンとフォトウェディングを一緒に楽しめる

日本でもトップクラスのリゾート地、沖縄。リゾートホテルでのラグジュアリーな時間やシュノーケリングなど自然と遊ぶ時間を堪能できます。

沖縄でフォトウェディング撮影を行うのに適したタイミング

2月~4月の春シーズン

沖縄の春は、丁度いい気温で過ごしやすく、撮影中の汗や暑さを気にする必要がありません。日差しも柔らかいので、撮影中のポージングも無理なくでき快適な撮影時間を過ごせます。

7月~9月の夏休みシーズン

真夏の沖縄は、晴々とした青い空と透明感のあるキレイな海のベストシーズンです。夕刻からのサンセットでは、オレンジやピンクのグラデーションカラーの空とともに、幻想的な写真が撮れます。7月~9月は夏休みシーズンのため、まとまった時間が確保しやすく、スケジュール調整も簡単です。ただし、台風が多いので天気予報の事前チェックをお忘れなく。

10月・11月の秋シーズン

晴れ間が多く、天気に恵まれる機会も多いです。オフシーズンのため、旅費を安くおさえられます。観光地の混雑も避けられるので、撮影をスムーズに進めることができます。多少暑さは残るものの、過ごしやすい気候です。

沖縄フォトウェディングの申し込み時の注意点

沖縄で撮影するにあたって、衣装や小物の事前確認を忘れてしまうと、撮影中のトラブルにつながります。沖縄でのフォトウェディングを申し込む際は、注意すべき5点に気をつけて申込内容を確認しましょう。

衣装やヘアメイクの内容

申込プランに和装と洋装のどちらが含まれているのか確認しましょう。また、何着まで衣装を選べて、希望する衣装サイズが撮影当日までに手配できるのかを確認しましょう。ヘアメイクセットについては、ヘアセットのみ、メイクのみなど、どこまで申込プランに含まれているのかを確認しましょう。撮影当日にご自身でヘアセットなど行う場合は、撮影スケジュールにあわせてセット時間の確保が可能か確認をしましょう。

撮影小物が含まれているか

写真のテーマにあわせた小物が、何点まで選べて使用できるか確認しましょう。実際に小物を見せてもらうと、より写真の仕上がりがイメージしやすくなります。申込プランに含まれている小物では不足の場合、何点まで小物の持ち込みができるのか確認しましょう。その際、撮影小物のレンタルもできるか確認しておくと、居住地から沖縄県へ移動するときの手荷物を減らすことができます。

悪天候時の対応について

沖縄県は突発的に大雨や曇り空が多くなることがあります。7月~9月の場合は、最悪台風にあたってしまうこともあるようです。そのため悪天候になった場合の撮影について、必ず事前確認しましょう。悪天候の場合に、日程調整がどこまで可能か、キャンセルの可否や補償内容の確認も大切です。日程調整やキャンセルする場合は、費用がどのくらいかかるのかもあわせて確認しましょう。

写真の数について

撮影可能なカット数や申込プランに含まれている写真データ数を確認しましょう。せっかくのベストショットを逃さないように、写真を二人で選ぶことができるのかも重要な確認ポイントです。家族に記念品として写真をプレゼントしたい場合は、申込プランに記念台紙付きの写真やアルバムが含まれているのか確認しましょう。

沖縄フォトウェディング撮影時に役立つアイテム

スプレータイプの日焼け止め

沖縄は本州よりも年中日差しが強いため、撮影中のうっかり日焼けに要注意です。スプレータイプの日焼け止めを1本持っていれば、撮影中手軽にメイクの上から日焼け対策ができます。スプレータイプの日焼け止めは、日焼けですぐ顔に赤みがさす人におすすめのアイテムです。

島ぞうり

沖縄県民の生活必需品である島ぞうりは、オリジナルで彫刻できるサービスがあります。二人の名前を彫った島ぞうりや沖縄風のイラストが入った島ぞうりは、撮影小物や移動中の履物として役立つアイテムです。

サングラス

太陽がまぶしい真夏のビーチ撮影でするとき、変に顔を歪めずリラックスした状態でポージングできる便利アイテムです。ユニークなサングラスを使って、楽しい二人の時間を演出することもできます。

クパ笠

沖縄の民謡などに登場するローカルなアイテムです。琉装とまではいかなくても、沖縄独特の雰囲気を取り入れたいときに役立ちます。カジュアルなフォトウェディングを予定しているカップルは、クパ笠を麦わら帽子の代わりに、ひと味違った撮影を楽しんでみてください。

 

沖縄でのフォトウェディング後に、家族を招待した食事会や二人きりのハネムーンを楽しむ先輩カップルも多いです。沖縄でのフォトウェディングは、撮影だけでなく、家族やカップルで楽しい時間を過ごせるのも魅力の一つです。二人の最高の瞬間を沖縄の豊かな自然の中で写したフォトウェディングは、一生の思い出になることでしょう。

【沖縄県】おすすめのフォトウェディングスタジオランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名キャプリィスタジオサンズクリエイティブスタジオマリーマーブルラヴィファクトリー
特徴プラン料金を上げずに衣装を選べる和装も洋装もプラン料金を上げずに衣装を選べる海外でも活躍するフォトグラファーが在籍しているブライダル事業の会社が手がける最新で自由度の高いフォトウェディングリゾートならではの軽やかなドレスとヘアメイクを提案するウェディングプラン
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧