フォトウェディング撮影にかかる費用を安く抑えるテクニック!

公開日:2022/02/01

これからフォトウェディング撮影をしようと考え中の方はいませんか?本記事では、フォトウェディング撮影にかかる費用の内訳や費用を安く抑えるテクニック、撮影前に決めておいたほうがよいことを紹介します。費用を安く抑えるためのテクニックを理解してお得にフォトウェディング撮影をしましょう!

フォトウェディング撮影にかかる費用の内訳

フォトウェディング撮影には主に、写真の撮影代、ドレスなどの衣装代、小物類やアクセサリー代、衣装の着付けとヘアメイク代、1〜数枚分の写真とデータ代などの費用がかかります。

上記の費用はフォトウェディング撮影において欠かせない費用なので基本料金に含まれていることが多いです。なお、スタジオ撮影利用時のスタジオの設備利用料やアルバム、データの修正、全カットのデータなどはオプションとして別途追加の費用が必要になってきます。

料金プランは衣装ごとにわかれていることが多いです。スタジオ撮影の場合の相場は、洋装のプランが約3〜8万円、和装のプランが約4〜10万円、和装洋装両方のプランが約6〜10万円となっています。また、外で撮影を行うロケーションの場合は、洋装のプランで約10〜15万円、和装のプランで約15万円、和装洋装両方のプランで25万円が相場です。

フォトウェディング撮影にかかる費用を安く抑えるテクニック

かかる費用はできるだけ安く抑えたいですよね。ここでは、フォトウェディング撮影にかかる費用をできるだけ安くするテクニックを紹介します。

衣装は1着にする

衣装は1着まで基本料金に含まれていることがほとんどです。衣装は追加するごとに別途オプション料金がかかるので、衣装を1着にすると費用を安く抑えることができます。衣装の中には1着目だとしても追加料金が必要になる衣装があります。費用を安く抑えたい場合はそういった衣装も避けましょう。

洋装にする

洋装よりも和装のほうが、利用料金が高く設定されていることがほとんどです。そのため、和装がよいというこだわりがなければ、洋装にしたほうが料金を安く抑えられます。

アクセサリーや小物などを持ち込む

アクセサリーや小物が持ち込みOKの場合は持ち込んだほうが、料金が安く抑えられるでしょう。まれに、持ち込み料金がかかって持ち込まないほうが安く抑えられる場合もあるので、持ち込みをする際は、事前に持ち込み料金がかかるのか確認してから利用しましょう。

平日に撮影をする

土日や祝日にフォトウェディング撮影を利用する人が多いため、土日祝日の料金が高くなる傾向にあります。都合がつくのであれば、平日にフォトウェディング撮影をしたほうが料金を安く抑えられます。

オフシーズンの冬か夏を選ぶ

冬と夏はオフシーズンのため、フォトウェディング撮影の利用料金が安くなる傾向にあるようです。とくに時期にこだわりがない場合は、冬または夏にフォトウェディング撮影をしたほうが費用を安く抑えられます。冬と夏の中でも、1月と2月、7月と8月はとくに割引キャンペーンなどの開催が多いためお得です。

キャンペーンを利用する

フォトウェディング撮影をする際は、各種キャンペーンを確認して利用できるキャンペーンがないか確認しましょう。中には、早期予約キャンペーンやお友達紹介キャンペーンなどのお得なキャンペーンを行っているところもあります。料金割引サービスのあるキャンペーンが利用できれば費用も抑えられるので、欠かさずチェックしてお得にフォトウェディング撮影をしましょう。

写真を選んで購入する

撮影した写真は1〜数枚までが基本料金に含まれていることが多いです。そのため、基本料金に含まれている枚数に絞って写真を購入することで費用を安く抑えることができます。

アルバムを購入しない

アルバムは基本料金に含まれていないことが多いです。そのため、アルバムを購入してしまうとフォトウェディング撮影にかかる費用が増えてしまいます。アルバムはその場で購入するのではなく、自分で作ったりフォトアルバム作成サービスを利用したりしましょう

フォトウェディング撮影前に決めておくべき事

ここでは、フォトウェディング撮影をする前に決めておくべきことを紹介しています。撮影日になってから後悔しないよう、事前にチェックしておきましょう。

予算

予算の上限は、あらかじめ決めておいたほうがよいです。フォトウェディング撮影はオプションが豊富なためお金をかけようと思うと、いくらでもかけることができてしまいます。そのため、予算の上限という目安があったほうが、迷わずに自分たちにあったプランを選ぶことができるでしょう。

撮りたいシーンとポーズ

フォトウェディング撮影には時間の制限があり、制限時間を超えてしまうと別途料金を請求されるケースが多いです。あらかじめ撮りたいシーンやポーズを決めてから撮影に挑み、制限時間以内に撮影が終えられるようにしましょう。

 

フォトウェディング撮影には、写真の撮影代、ドレスなどの衣装代、小物類やアクセサリー代、衣装の着付けとヘアメイク代、1〜数枚分の写真とデータ代などの費用がかかります。衣装は1着に、洋装を選ぶ、小物を持ち込む、冬や夏の平日を選ぶ、写真を選んで購入、などを行うと費用を抑えることができます。またフォトウェディング撮影前には、おおよその予算と撮影するポーズやシーンを決めておきましょう。

【沖縄県】おすすめのフォトウェディングスタジオランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名キャプリィスタジオサンズクリエイティブスタジオマリーマーブルラヴィファクトリー
特徴プラン料金を上げずに衣装を選べる和装も洋装もプラン料金を上げずに衣装を選べる海外でも活躍するフォトグラファーが在籍しているブライダル事業の会社が手がける最新で自由度の高いフォトウェディングリゾートならではの軽やかなドレスとヘアメイクを提案するウェディングプラン
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧