フォトウェディングでは心付けが必要?必要なケースとは

公開日:


挙式や披露宴の準備を進めていく中で、心付けが気になる新郎新婦も多いのではないでしょうか。日本ではチップの習慣がないので、よく分からず悩んでしまいますよね。この記事では心付けのマナーや相場、渡すべきケースや渡さないケース、注意事項など詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

心付けとは?必要なもの?

まず、心付けとは何でしょうか。意味を理解すると、気持ちよく渡せ、さらに渡すべきか否か判断がしやすくなるはずです。一言でいうと、心付けとは感謝の気持ちです。お世話になっている人、お世話になった人に対して感謝の気持ちとして渡す、少額の金銭のことを表します。金銭以外で渡したいと思ったり、金銭では受け取ってくれなかったりするときもありますので、その場合は品物やお菓子の詰め合わせなどでもOKです。

結婚式においては、お世話になった会場スタッフやヘアメイクスタッフ、着付けスタッフやカメラマンなど、結婚式をするうえでサポートしてくれた人たちに感謝の気持ちとして渡します。フォトウェディングは一般的な結婚式とは違いますが、サポートしてくれたスタッフがいることは同じなので、やはり感謝のしるしとして渡すものになります。他にも遠方から来てくれた友人や、ベールやフォトプロップスなど、何か手作りしてくれたり、準備を手伝ってくれたりした友人などに渡すことも考えられます。

しかし、必ず渡さないといけないものではなく、おふたりの気持ち次第で判断しても問題ありません。渡したくても、会社の方針などでお断りされるケースもあるのです。その場合は、菓子折りなど違った形でお礼の気持ちを伝えることができたらいいですね。事前にプランナーに確認しておくと、準備もスムーズですよ。また、渡さなくていいケースとしては、フォトウェディングの料金プランにサービス料が含まれている場合などです。その場合、スタッフの人へ渡す必要はありません。見積もりの段階できちんと確認しておくことがポイントです。

もし渡すなら相場やマナーはある?

心付けは、あくまで新郎新婦の気持ちであり、催促されることは決してありませんが、渡す場合にはマナーがあります。現金を直接渡すことはNGで、必ずポチ袋や封筒に入れて渡しましょう。お金は「あらかじめ準備しておきました」という意味になる新札で、袋もあまり派手でないものが望ましいです。お札は向きをそろえ、肖像がある方が正面にくるように入れてください。表書きは「寿」や「御礼」と書いておきましょう。

また渡すタイミングは当日の撮影前に「今日はよろしくお願いします」や「ほんの気持ちですがお納めください」などと渡すことが一般的ですが、撮影終了後に、感謝の気持ちを添えて渡すのもいいですよね。お二人が満足できたかどうかが一番重要なので、対応や撮影で満足できた段階で渡すことをおすすめします。

では誰に、いくら渡せばいいのでしょうか。心付けの金額相場は3,000円~1万円です。

渡す相手の役割ごとに金額を調整して渡しましょう。カメラマンと、ヘアメイクや着付けのスタッフには3,000円〜1万円程度が妥当です。準備期間中にもっとも関わるウェディングプランナーには、あらゆる相談や当日までの段取り、仕切りをしてもらっているので5,000円〜1万円程度を渡しましょう。ご祝儀とは違い、偶数でも問題ないのですが、硬貨が出ないようにお札で準備しておきましょう。これは、あくまでも参考の相場で、負担に感じてまで渡すものではありません。

金額に決まりはないので、お二人の負担にならない金額で準備することが重要です。また、受け取りを二度断られた場合はしつこくせず、渡すことを諦めましょう。気持ちよく渡し、受け取ってくれるといいですね。

国内外でルールが違うので要注意

日本での心付けは、海外のチップとは違い、相場やマナーが異なっています。海外のフォトウェディングでは、国によってチップの相場が決められていることもあります。また、日本とは違い、チップの金額次第ではサービスの質や内容が変わってしまう可能性があるのです。日本ではあまり馴染みのない習慣なので戸惑ってしまう人も少なくないはずです。

海外でのフォトウェディングを検討しているカップルは、必ずウェディングプランナーに相談し、相場の確認や事前の準備を忘れないようにしましょう。そして前日までに携わってくれるであろうスタッフ分のチップをしっかりと用意しておくと、当日は安心してフォトウェディングに臨めますね。日本で相談したプランナーには、現地まで同行する場合を除き、チップを渡す必要はありません。

現地でサポートしてくれたスタッフに対しての心付けとなります。どうしても日本で相談したプランナーに感謝の気持ちを伝えたい場合は、お菓子の詰め合わせや、帰国後にお土産を渡すと喜ばれるはずです。このように、国内と海外のフォトウェディングでは心付け(チップ)の文化が異なっているため、注意しなければなりません。

 

心付けとは感謝の気持ちであり、お金だけでなく言葉や態度を含めたものです。そして心付けを渡すということは、相手のサービスに満足している証でもあります。お互いが気持ちよく渡せ、受け取れるように心付けの意味とマナーをしっかりと理解し、相手に感謝の気持ちが伝わるような振る舞いをこころがけましょう。そして、思い出に残る、ステキなフォトウェディングにしてくださいね。

【沖縄県】おすすめのフォトウェディングスタジオランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名キャプリィスタジオサンズクリエイティブスタジオマリーマーブルラヴィファクトリー
特徴プラン料金を上げずに衣装を選べる和装も洋装もプラン料金を上げずに衣装を選べる海外でも活躍するフォトグラファーが在籍しているブライダル事業の会社が手がける最新で自由度の高いフォトウェディングリゾートならではの軽やかなドレスとヘアメイクを提案するウェディングプラン
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧